これには理由があり、消費者金融は今まで個人への融資を専門に行って来た為、高額の金利手数料を取ることで運営資金にして来たのです

それと比べて銀行が行っているカードローンは、企業相手や住宅ローンの融資が一般的だったため、1人に融資している金額が高額融資が多いため、融資の金利手数料が低金利に設定されているのです。この金利の設定は個人へのフリーローンにも適用されており、消費者金融から同じ金額の融資を受けるよりも銀行から融資を受けたほうが、今後支払う必要がある手数料が少なく済む訳です。更には融資を受ける事が出来る限度額についても、消費者金融よりも銀行系のキャッシングの方が、多く融資を受ける事が出来るのです。これには貸金業法という法律が関わっており、貸金業法では消費者金融からの融資は年収の3分の1までと決まっているのです。これを総量規制と言い、消費者金融の融資の為に改正された法律です。よってこの総量規制は、銀行のカードローンには適用されていない為、銀行のカードローンに申し込んだ方が、消費者金融よりも多く融資を受ける事が出来るのです。この事により、これから融資を受けようとしている人には、銀行へ申し込むことをオススメします。

鈴木啓右 スズキエンジニアリング

記念切手 価値

http://www.daffychiro.com/

お家で脱毛ならケノンでお任せ!

口臭を治す方法を対策グッズで抑えましょう!